出版案内

歌川広重 東海道五十三次絵巻【完全版】2本セット 日本橋〜見附/浜松〜三条大橋

歌川広重 東海道五十三次絵巻
【完全版】2本セット

日本橋〜見附/浜松〜三条大橋

  • JANコード4940660091948
  • こちずライブラリ発行
  • 巻物2本セット化粧箱入り
  • 2018年 3月16日発売

内容

  • 広重が描いた東海道を約11メートルの絵巻で再現!
  • 日本橋〜見附(0.27×5.8メートル)/浜松〜三条大橋(0.27×5.2メートル)の2本セット!
    浮世絵師・歌川広重がはじめて東海道を旅したのは、天保3年(1832年)といわれ、江戸幕府の一行に加わって京都まで行きました。
  • 旅をしながら東海道の風景や風俗をスケッチし、それらをもとに天保4年に刊行したのが保永堂版「東海道五拾三次」です。(諸説あり)
  • 本絵巻は、上段に保永堂版「東海道五拾三次」、下段に天保13年(1842年)発行の古地図「東海木曽両道中懐宝図鑑」を掲載。
  • 東海道五十三次の古地図と、江戸時代の名匠・歌川広重「東海道五十三次」の浮世絵を使用した、5.8メートルと、5.2メートルの1枚印刷の巻物2本をセットにした豪華な絵巻物です。
  • 古地図上で東海道を旅しながら、江戸の風景や風俗、人々の息づかいを感じて楽しむことができます。