出版案内

いきもの写真館4 ゾウの鼻 ウサギの耳

いきもの写真館4

ゾウの鼻 ウサギの耳

  • ISBN978-4-8021-1056-3 C8045
  • 小宮輝之
  • A5変判・並製・96頁
  • 2021年9月10日発売

  •  

内容

  • 上野動物園元園長による永年にわたり撮影した貴重な写真をまとめた動物写真集第4弾!
  • 「ゾウの鼻はなぜ長い?」「ウサギの耳はなぜ大きい?」など動物の鼻と耳の役割をわかりやすく解説します。「おもしろい鼻、ふしぎな鼻」、「ゆかいな耳、へんな耳」、「鼻くらべ、耳くらべ」など楽しくて珍しい貴重な写真がいっぱいです。
  • 種類で違うゾウの鼻の穴と先、海のいきものの鼻と耳、鳥獣戯画のウサギはノウサギ、ピーターラビットはアナウサギ、リス冬の耳と夏の耳の違い、テングザルは鼻が大きいほど男前、トラには耳のうしろに目がある?など、知っていれば自慢できる豆知識もいっぱい。子供たちだけでなく大人も楽しめます。
  • 登場動物はゾウ、ウサギの他、コアラ、バク、ナマケモノ、アザラシ、フェネックなど116種ご紹介!

著者プロフィール

  • 小宮 輝之(こみや てるゆき)
  • 1947年、東京生まれ。多摩動物公園、上野動物園の飼育課長を経て、2004年から2011年まで上野動物園園長。日本動物園水族館協会会長、日本博物館協会副会長を歴任。著作活動の他、図鑑、テレビ番組の監修などを行っている。動物の足型コレクターでもある。
  • 主な著書に「ほんとのおおきさ・てがたあしがた動物園」(学習研究社)、「動物たちの130年 上野動物園のあゆみ」(ハッピーオウル社)、「動物園ではたらく」(イーストプレス)、「日本人と動物の歴史」(ゆまに書房)、「うんちくいっぱい 動物のうんち図鑑」(小学館)、「だれのうんち?」(偕成社)、などがある。
  • お詫びと訂正
  • 本文中に表記の誤りがございました。
  • P3 目次
    誤)ケナガワラビー
    正)ケナガワラルー
  • 関係者の皆様、ならびに読者の皆様に謹んでお詫び申し上げ、ここに訂正いたします。(2021.09)

関連商品

ゾウの鼻
ウサギの耳
2021年9月10日発売
定価1,430円
つのじまん
つのくらべ
2021年3月10日発売
定価1,320円
シマウマのしまは
サカナのほね
2018年7月24日発売
定価1,320円
べんりなしっぽ!
ふしぎなしっぽ!
2017年12月15日発売
定価1,320円