出版案内

日本の外からコロナを語る 海外で暮らす日本人が見たコロナと共存する世界各国の今

日本の外からコロナを語る

海外で暮らす日本人が見た
コロナと共存する世界各国の今

  • ISBN978-4-8021-1049-5 C0095
  • 下川裕治
  • 四六判・並製・224頁
  • 2020年12月10日発売

  •  
  • パブリシティ情報
  • ◆雑誌で紹介されました!
    2021年3月8日発売 AERA 2021年3/15号 No.12 「アエラ読書部 この人のこの本」

内容

  • コロナ禍での日本は海外からはどう見えていたのか…在外日本人9人それぞれの物語。
  • 韓国、台湾、中国、ベトナム、カンボジア、タイ、フィリピン、アメリカ、フランスの9か国で暮らす日本人が、コロナ禍のもと、人々はどのように暮らしているのか、日本のコロナの状況や対策がどう映っているのか、日本との往来が難しくなったいま、海外に住んでいる視点から世界各国の今を語ります。
  • この先しばらく続くであろうコロナ禍での暮らし。その中で、より良く暮らすためのヒントが見つかるはずです。
  • 編集・監修は、「12万円で世界を歩く」他、多数の海外に関するエッセイの第一人者の下川裕治氏。
  • 各国の執筆者と昔からつきあいのある監修者が、現地の肌感覚や本音をうまく引き出しています。

目次

  • 第1章:ニューヨークは70年代に戻るのか?
    第2章:悶作戦と上海人のおせっかい
    第3章:コロナ禍「台湾人」であるということ
    第4章:それでもベトナム人は優しかった
    第5章:観光地シェムリアップで生きていく
    第6章:緊急アラームが鳴り響くソウルの街で
    第7章:いまタイにいることを幸運に思った
    第8章:パリ市民のコンフィヌマンとソリダリテ
    第9章:世界で最も厳しい防疫措置の首都マニラから