出版案内

外房線 街と鉄道の歴史探訪

外房線 街と鉄道の歴史探訪

  • ISBN978-4-8021-3178-0 C0026
  • 山田亮
  • フォト・パブリッシング発行
  • B5判・並製・176頁
  • 2020年1月22日発売

  •  

内容

  • 千葉から房総丘陵を横断し、太平洋沿岸の安房鴨川に至る外房線の沿線全駅を網羅した鉄道写真集!
  • 2019年は外房線(当時は房総線)が安房鴨川まで全通して90年となります。もともと私鉄の「房総鉄道」が1896(明治29)年に蘇我〜大網間を開業させたのが始まりで、1907(明治40)年の鉄道国有法によって官設鉄道に編入された歴史をもっています。外房線が安房鴨川まで全通する2年前に、先に同駅まで達していた内房線(当時は北条線)と接続することとなり、路線名は房総線、房総東線を経て1972(昭和47)年に現在の外房線に改称されています。外房線各地を走る蒸気機関車、気動車、電車の写真を多数掲載しています。外房線全線各地の懐かしい写真を通して、昭和の時代の鉄道と駅舎の変化を各駅ごとに巡ります。

関連商品

総武本線、成田線、鹿島線 街と鉄道の歴史探訪
2020年4月20日発売
定価2,090円
外房線
街と鉄道の歴史探訪
2020年1月22日発売
定価2,970円
内房線
街と鉄道の歴史探訪
2019年11月19日発売
定価2,970円
相模鉄道
街と鉄道の歴史探訪
2019年8月21日発売
定価2,420円
横浜線
街と鉄道の歴史探訪
2019年7月19日発売
定価2,420円
都電が走った1940年代〜60年代の東京街角風景
2017年12月15日発売
定価1,980円
山陽本線
昭和の思い出アルバム
2017年12月1日発売
定価1,980円
国鉄マンが撮った
昭和30年代の国鉄・私鉄
2017年11月17日発売
定価1,980円
京浜東北線、根岸線、鶴見線 街と鉄道の歴史探訪
2017年10月20日発売
定価1,980円
京浜東北線 埼京線
街と鉄道の歴史探訪
2017年9月19日発売
定価1,980円
常磐線 街と鉄道、
名列車の歴史探訪
2017年8月21日発売
定価1,980円
朝日新聞社機が撮った
総武線、京成線の街と駅
2017年7月21日発売
定価2,420円
朝日新聞社機が撮った
中央線の街と駅
2017年6月21日発売
定価2,420円
朝日新聞社機が撮った
1960〜70年代の鉄道駅
2017年5月17日発売
定価2,420円
川越線、八高線
昭和のアルバム
2017年4月17日発売
定価1,980円
鉄道黄金時代の
カラー写真記録 関西編
2017年2月13日発売
定価2,750円