出版案内

出版関連[18件] 朝の読書関連[15件] 人文[5件] 文芸[63件] 自然[4件]
実用教養[420件] ビジネス[114件] 旅ガイド[141件] 食グルメ[48件] 住宅[67件]
ゲーム[39件] アニメ[63件] コミック[31件] 写真集[84件] その他[94件]
■文芸 全て表示[1206件]
表 紙 内 容 購 入
キリスト教というカルト
  • キリスト教というカルト 信者になれない、これだけの理由
  • 奥山篤信
  • 春吉書房
  • 2018年 4月 2日発売
  • 定価1,512円(本体1,400円+税)
  • 日本人がなぜ、この一神教に馴染めなかったか、欧米のまがまがしき歴史にその解があることが分かる。上智大学で神学修士号を取得し、フランスの名門パリ・カトリック大学にてキリスト教神学を学んだ著者によるキリスト教分析に関する学問の集大成の書。
  • e-honで購入する
チンダルレ
  • チンダルレ KOREAN ROSEBAY
  • 李起昇(イ・キスン)
  • フィールドワイ発行
  • 2018年 3月 5日発売
  • 定価1,728円(本体1,600円+税)
  • 末期ガンを宣告され、死を受け入れた男には最期に会いたい女(ひと)がいた・・・・・・。「チンダルレを遠くから見るように、お慕いしていました」もう一度、あの声に包まれて死にたいと願う・・・・・・。思い続けた愛のたどり着くところは・・・・・・。
  • e-honで購入する
戦国武将列伝100
  • 戦国武将列伝100 戦国時代に何を学ぶか
  • 小和田哲男
  • 2018年 2月20日発売
  • 定価1,512円(本体1,400円+税)
  • 武将たちは戦国をどう生き抜いたか!歴史研究の第一人者が語る圧倒的武将論。武将たちの知られざる史実を丹念に掘り起こし、100名の武将の生き様を紹介。
  • e-honで購入する
愚劣の軌跡
  • 愚劣の軌跡 「共産主義の時代」に振り回された大学人たち
  • 小野寺龍太
  • 春吉書房発行
  • 2017年 8月21日発売
  • 定価1,620円(本体1,500円+税)
  • 1968年6月、九州大学のキャンパスに米軍のジェット機が墜落。ここから端を発した、「機体の引き渡し」と「米軍基地撤去」をめぐる国(文部省)と大学当局の攻防、さらに大学と民青や三派系(革マル、中核、反帝)極左学生たちとの壮絶な戦いを描く。なぜ大学当局は、かくも何度も「愚劣な決定」を続けざるを得なかったのか。日本における「共産主義の時代」の問題点を鋭く抉った一冊。九州大学准教授 施 光恒 (せ・てるひさ)氏 推薦。
  • e-honで購入する
ネット右翼亡国論
  • ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点
  • 山崎行太郎
  • 春吉書房発行
  • 2017年 7月28日発売
  • 定価1,620円(本体1,500円+税)
  • 在特会の桜井誠、作家の佐藤優、哲学者の廣松渉などを通して「存在論的思考とは何か」を示した意欲作。思想表現における「情勢論、原理論、存在論」の接点とは?なぜ、東大教授の廣松渉と、反社会集団=在特会のリーダー桜井誠を同列に論じるのか?共通するテーマとは・・・? 存在論的に徹底的に掘り下げて現象を考える山崎哲学の神髄がここにある。「ネット右翼」の耐えられない軽さを暴いた傑作。排外主義、自己陶酔的な日本礼賛を愛国の立場から斬る。日本の現在を深く知るための必読書。佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)推薦。
  • e-honで購入する
神武天皇
  • 神武天皇 その実在性と実年代の証明
  • 生野眞好
  • 春吉書房発行
  • 2017年 7月28日発売
  • 定価1,728円(本体1,600円+税)
  • 「記紀」を詳細に科学的分析することにより、歴史学の通説では実在しないとされている第一代・神武天皇の実在性と実年代を明らかにする。熾烈な東征の事実や、「前方後円墳」を神武が初めて作った意味、その形状の意味など、古代史の数々の謎を次々と解き明かしながら、神武の実在性を実証してゆく。古代史ファンには必読の、目から鱗の新説である。
  • e-honで購入する
新 地球人宣言
  • 新 地球人宣言
  • 永井竜造
  • エコ・ベンチャー開発機構発行
  • 2016年12月 9日発売
  • 定価1,404円(本体1,300円+税)
  • ギブandテイクの時代は終わった。アメリカ大統領選挙の劇的な結果は、全世界に大きな衝撃を与えた。トランプ・インパクトである。イギリスのEU離脱も同じ次元の現象だ。世界は40年前に戻ったといわれる。我々は何処に向かっていくのだろう。そして今何をしなければならないだろうか? 好評の旧版をさらに充実。新たな話を加筆し、20年の時を経て復刊!
  • e-honで購入する
記者人生ラストラン
  • 記者人生ラストラン 〜今を生きる〜
  • 江畑忠彦
  • ミーツ出版発行
  • 2016年11月 4日発売
  • 定価1,944円(本体1,800円+税)
  • 共同通信社元編集局長による『あの時のこと』がおもしろい! 重圧の日々には「密かに棲む」にあこがれ、退職後は政治献金をめぐって揺れた「西松建設」のコンプライアンス委員長。私生活は「二人の母」の介護に明け暮れ……。三和銀行事件でマニラに潜伏の女性容疑者と単独インタビュー。和田心臓移植はなぜ不起訴だったのか、事実に迫る捜査報告書入手。リクルート事件では、清廉と言われたNTTのドンの金銭疑惑を暴く・・・。
  • e-honで購入する
沖縄両論
  • 沖縄両論 誰も訊かなかった米軍基地問題
  • 月刊フォーNET「沖縄両論」取材班編
  • 春吉書房発行
  • 2016年 9月 8日発売
  • 定価2,592円(本体2,400円+税)
  • なぜ、基地問題はかくも泥沼化したのか、沖縄問題の本質に迫るインタビュー集。沖縄現地の文化人たちや、さらには軍事アナリスト、国際政治学者、政治家、社会学者、文芸評論家にいたるまで多岐にわたって取材。基地反対、容認それぞれの考え、思いを収録。沖縄問題をすみずみまで網羅した決定版。
  • e-honで購入する
六十八歳の青春裸像
  • 六十八歳の青春裸像 鉱山王が、なぜ七人の女房に逃げられたのか
  • 奥瀬純一
  • エコ・ベンチャー開発機構発行
  • 2016年 8月 2日発売
  • 定価1,404円(本体1,300円+税)
  • 人生で偶然に出会うことのできる僅かな人々との、人間模様と家族と恋と愛と男女の別離をサントスの遺児を通して描いた真実のドキュメンタリー。西暦2000年12月、主人公の貢一は、オリンピック開催国であるブラジルの熱帯地域バイヤ州を訪ねた。20年間を暮らしたゴヤス州の貢一の鉱山で、事故で亡くしたサントスの遺族を捜し出して償いをした。ブラジル共和国の実態を伝える内容でもあり、冒険とロマンの物語を、未知の世界の実態を知らせたい想いでまとめられている。
  • e-honで購入する
[ 63件中 1〜10件目を表示 ]