出版案内

広島電鉄の文化と魅力

広島電鉄の文化と魅力

  • ISBN978-4-8021-3196-4 C0026
  • 大賀寿郎(おおが じゅろう)
  • フォト・パブリッシング発行
  • B5判・並製・128頁
  • 2020年9月25日発売

  •  

内容

  • 国内随一の路面電車王国の「広島電鉄」物語!
  • 広島電鉄の市内線は、「廣島電気軌道」によって1912(大正元)年に開業しました。その後、1917(大正6)年に廣島瓦斯と合併して「廣島瓦斯電軌」という会社が誕生、路線の延長を繰り返しながら現在のネットワークを形成していきます。一方の宮島線は、1922(大正11)年に己斐〜草津町が部分開業し、1931(昭和6)年に、現在の広電宮島口までが全通しています。その後、戦火の拡大に伴って広島の街は「軍都」の色彩を強めます。1945年8月の原爆投下によって、当時の広島市民の半数近くが死亡し、乗務員や乗客にも犠牲者が数多く出ました。本書では広島電鉄の歴史全体を振り返りながら、戦後の技術革新の歴史、路面電車・郊外電車としての魅力、世界水準の超底床車両の特徴などを多角的に解説します。

関連商品

185系特急電車の記録
2021年1月18日発売
定価1,980円
懐かしい国鉄駅舎と鉄道風景(多摩地域)
2021年1月18日発売
定価1,980円
中野区・杉並区
古地図散歩
2020年12月22日発売
定価2,090円
懐かしい国鉄駅舎と鉄道風景(都区内区間)
2020年11月20日発売
定価1,980円
懐かしい国鉄駅舎と鉄道風景(都区内区間)
2020年11月19日発売
定価1,980円
昭和・平成を駆け抜けた長距離鈍行列車
2020年10月15日発売
定価2,200円
大阪環状線、御堂筋線
古地図さんぽ
2020年10月1日発売
定価2,640円
広島電鉄の
文化と魅力
2020年9月25日発売
定価1,980円
京王線、井の頭線
古地図さんぽ
2020年9月18日発売
定価2,200円
1960〜80年代
京成電鉄の記録
2020年7月31日発売
定価1,980円
昭和40年代
北海道の鉄路【下巻】
2020年7月16日発売
定価1,980円
昭和SLグラフィティ
【D51編】
2020年6月17日発売
定価2,420円
1970年代〜80年代
京阪電車の記録
2020年4月21日発売
定価1,980円
昭和40年代
北海道の鉄路【中巻】
2020年4月20日発売
定価1,980円
港区・品川区
古地図散歩
2020年3月18日発売
定価2,640円
1970年代〜80年代 阪急電車の記録【上巻】
2020年3月11日発売
定価1,650円
1970年代〜80年代 阪急電車の記録【下巻】
2020年3月11日発売
定価1,650円
昭和40年代
北海道の鉄路【上巻】
2020年2月14日発売
定価1,980円
都電が走った
東京アルバム 第2巻
2020年1月9日発売
定価2,970円
世田谷区
古地図散歩
2019年12月17日発売
定価2,640円
都電が走った
東京アルバム 第1巻
2019年11月15日発売
定価2,970円
大田区
古地図散歩
2019年10月18日発売
定価2,640円
墨田区、江東区
古地図散歩
2019年5月16日発売
定価2,200円
東京古地図散歩
【山手線】
2019年3月15日発売
定価2,750円
中央線(東京〜高尾)
古地図さんぽ
2019年1月23日発売
定価2,035円
京成電鉄
古地図さんぽ
2018年12月17日発売
定価2,035円
東武伊勢崎線、日光線
古地図さんぽ
2018年11月19日発売
定価2,035円
北海道150年の
写真記録
2018年11月12日発売
定価3,190円
西武全線
古地図さんぽ
2018年9月3日発売
定価2,035円
京急全線
古地図さんぽ
2018年7月12日発売
定価2,035円
阪急全線
古地図さんぽ
2018年6月6日発売
定価2,035円
東急全線
古地図さんぽ
2018年4月10日発売
定価2,035円