出版案内

出版関連[23件] 朝の読書関連[15件] 人文[5件] 文芸[66件] 自然[4件]
実用教養[637件] ビジネス[116件] 旅ガイド[161件] 食グルメ[50件] 住宅[67件]
ゲーム[46件] アニメ[93件] コミック[42件] 写真集[161件] その他[128件]
■写真集 全て表示[1614件]
表 紙 内 容 購 入
北海道の廃線記録
  • オールカラー 北海道の廃線記録 石北本線、釧網本線沿線編
  • 安田就視(やすだ なるみ)/写真 辻良樹(つじ よしき)/解説
  • フォト・パブリッシング発行
  • 2021年4月16日発売
  • 定価1,760円(本体1,600円+税10%)
  • 北海道の失われた鉄路が懐かしい写真で甦る!石北本線、釧網本線沿線編。開発と殖民が主目的で建設された北海道の鉄道。昭和30年代初頭までは石炭産地らしく蒸気機関車が牽く客車列車をはじめ鉄道輸送が充実していました。しかし、昭和50年代になると、並走する道路整備で利用客の減少が目立ち、国鉄再構築の一環として旅客輸送密度の低い路線が廃止の対象となりました。北海道のローカル線がまだ生き生きとしていた時代を懐かしい写真で振り返ります。名寄本線、湧網線、渚滑線、興浜南線、根北線、相生線、標津線の7路線を大判の写真を中心にオールカラーで掲載。
  • e-honで購入する
ふるさと東京今昔散歩 第2巻 羽田・大森・蒲田編
  • ふるさと東京今昔散歩 第2巻 羽田・大森・蒲田編 With English Translation
  • 坂崎幸之助(さかざき こうのすけ)、生田誠(いくた まこと)
  • フォト・パブリッシング発行
  • 2021年4月16日発売
  • 定価1,650円(本体1,500円+税10%)
  • 時代を超えて蘇る!羽田、大森、蒲田の街の魅力を再発見! 羽田、大森、蒲田の今昔を懐かしい時代のさまざまな古絵葉書、古写真、古地図とともに詳しい解説でご紹介! 坂崎幸之助(日本の老舗バンド「THE ALFEE」のボーカル&ギター)◆「まえがき」より一部紹介 実は羽田近辺の景色の変化、さしずめ海水浴場や穴守稲荷神社が飛行場に変わって行くという歴史にはもともと興味があって、絵葉書も以前から集めてはいたのです。それならば、やってみますか!と言う運びになり、この本が誕生することになりました。コンサートツアーや旅行に行く時以外は、なかなか馴染みのない羽田。そして蒲田や大森のことも今回改めて調べてみると、これがなかなか面白い。思いがけず、それぞれの街にそれぞれの歴史や物語があって、知れば知るほど興味が沸き、またまたその深みにハマって行ったのです。
  • e-honで購入する
昭和・平成を駆け抜けた想い出の客車急行
  • 昭和・平成を駆け抜けた想い出の客車急行 かつて日本列島を走った国鉄・JR列車ものがたり
  • 山田亮(やまだ あきら)
  • フォト・パブリッシング発行
  • 2021年4月16日発売
  • 定価2,420円(本体2,200円+税10%)
  • 全国各地を結び旅客だけでなく、荷物も迅速に各地に運び続けた客車急行の歴史と魅力に迫る鉄道写真集! 客車急行は、鉄道が交通機関の中心だった時代に東京、大阪と全国各地を結び、旅客だけでなく郵便物や新聞、荷物も迅速に各地に運び、人々の交流、情報伝達にも大きな役割を果たしていました。機関車牽引客車列車は、蒸気機関車の時代はもちろん、電気機関車、ディーゼル機関車の時代になっても鉄道の中心的存在で、特に機関車を先頭に普通車、グリーン車、寝台車、食堂車、荷物車、郵便車と各種車両を連ねた長距離の客車急行列車は列車らしい風格があふれていました。東京〜鹿児島間が一昼夜24時間以上、上野〜青森間が13〜14時間であった時代の客車急行の記録とその魅力をご紹介します。
  • e-honで購入する
立山砂防軌道
  • 立山砂防軌道 驚愕の42段スイッチバック
  • 青森恒憲(あおもり つねのり)
  • こー企画発行
  • 2021年4月14日発売
  • 定価5,280円(本体4,800円+税10%)
  • 富山県中新川郡に現存する日本一の秘境トロッコ「立山砂防軌道」の写真集。富山県中新川郡に現存する日本一の秘境トロッコである立山砂防軌道。急峻な山岳地帯で、砂防工事を行なうために設けられた鉄道のため、自然に分け入った厳しい条件にある線路です。全部で42段にも及ぶスイッチバックが象徴的で、そこを走るトロッコの姿は究極の鉄道シーンとして知られています。長く立山砂防軌道を追い続けた写真家、青森恒憲氏の作品をまとめた一冊は、自然と鉄道の織りなす情景を訴える魅力あふれる写真集です。
  • e-honで購入する
北海道の廃線記録
  • オールカラー 北海道の廃線記録 留萌本線、宗谷本線沿線編
  • 安田就視(やすだ なるみ)/写真 辻良樹(つじ よしき)/解説
  • フォト・パブリッシング発行
  • 2021年3月18日発売
  • 定価1,760円(本体1,600円+税10%)
  • 北海道の失われた鉄路が懐かしい写真で甦る!留萌・宗谷本線沿線編。開発と殖民が主目的で建設された北海道の鉄道。昭和30年代初頭までは石炭産地らしく蒸気機関車が牽く客車列車をはじめ鉄道輸送が充実していました。しかし、昭和50年代になると、並走する道路整備で利用客の減少が目立ち、国鉄再構築の一環として旅客輸送密度の低い路線が廃止の対象となりました。北海道のローカル線がまだ生き生きとしていた時代を懐かしい写真で振り返ります。留萌本線(留萌〜増毛)、深名線、羽幌線、美幸線、天北線、興浜北線を大判の写真中心にオールカラーで収録。
  • e-honで購入する
都電が走った東京アルバム 第3巻
  • 発掘写真で訪ねる 都電が走った東京アルバム 第3巻 〜11系統〜14系統〜
  • 三好好三(みよし よしぞう)
  • フォト・パブリッシング発行
  • 2021年3月18日発売
  • 定価1,980円(本体1,800円+税10%)
  • 都電沿線の街が時代を超えて蘇る!懐かしい「昭和の時代」にタイムトリップ! 昭和40年代まで、東京都内を縦横に走り抜けていた都電。その路線総延長は最盛期の昭和30年頃には213qにも達し、日本最大の路面電車でした。その後はモータリゼーションの進展や地下鉄路線網の発達によって採算性が急速に悪化した結果、昭和47年までに現在の荒川線以外の全路線が廃止されました。都内各地の懐かしい街の風景とともに都電の活躍を記録した鉄道写真集第3巻。
  • e-honで購入する
甲信越の私鉄(2)
  • 甲信越の私鉄(2) 信越本線沿い(上田丸子電鉄、長野電鉄)
  • 井薫平(たかい くんぺい)
  • フォト・パブリッシング発行
  • 2021年3月12日発売
  • 定価1,980円(本体1,800円+税10%)
  • 昭和30〜50年代の私鉄をめぐる鉄道写真集全32巻の第2回配本「上田丸子電鉄、長野電鉄」。上田丸子電鉄は、大正7年に開業した丸子鉄道と大正15年に開業した上田温泉電軌(後の上田電鉄)が起源で、両社が昭和18年に合併しました。長野電鉄は、大正11年開業の河東鉄道と大正15年開業の長野電気鉄道が起源で、両社が大正15年に合併したものです。現在ではJR信越線沿線の私鉄として通勤輸送と観光客輸送に大きな役割を果たしています。著者は、鉄道趣味界の重鎮、ローカル私鉄研究の第一人者である井薫平氏。バラエティに富んだ車両や駅舎、貴重な空撮写真などを加えた著者渾身の一冊です。
  • e-honで購入する
つのじまん つのくらべ
  • いきもの写真館3 つのじまん つのくらべ
  • 小宮輝之
  • 2021年3月10日発売
  • 定価1,320円(本体1,200円+税10%)
  • 上野動物園元園長による永年にわたり撮影した貴重な写真をまとめた動物写真集第3弾! サンタのトナカイはメス!4本つのヒツジ、生え変わる角と生え変わらない角、バンビのモデル、正倉院のシカなど「つの」のおもしろい話もいっぱいです。「つの」がある哺乳類はウシ、シカ、キリン、サイのなかま、そしてプロングホーンの5種。特にウシは種類も多く、「つの」の形も大きさも様々です。ヒツジ、ヤギ、カモシカ、インパラなどもウシのなかま、カッコイイつの、よじれたつの、大きなつの、渦巻き型、コルクの栓抜き型、サーベル型など見ているだけで楽しくなります。その他、シカのなかま、キリン、オカピ、サイ、プロングホーンの「つの」を紹介します。オオツノウシ、ヤク、オリックス、ノヤギ、バイソン、スイギュウ、カモシカ、エゾジカ、トナカイ、ヘラジカ、ガゼル、キョン、オジロジカ、シロサイ、インドサイ、クロサイなど約100種ご紹介!
  • e-honで購入する
アルピーヌ A110
  • アルピーヌ A110 Alpine
  • いのうえ・こーいち
  • こー企画発行
  • 2021年2月18日発売
  • 定価3,960円(本体3,600円+税10%)
  • フランスのスポーツカーとして人気のアルピーヌを徹底紹介!フランスのヒストリックなスポーツカーとして人気の「アルピーヌ」をタイプ別に美しい写真とともに解説。アルピーヌのメカニズムからアルピーヌ社の歴史までわかりやすく紹介。まるごと1冊「Alpine」の完全保存版です。
  • e-honで購入する
北海道の廃線記録
  • オールカラー 北海道の廃線記録 室蘭本線、日高本線、根室本線沿線編
  • 安田就視(やすだ なるみ)/写真 辻良樹(つじ よしき)/解説
  • フォト・パブリッシング発行
  • 2021年2月15日発売
  • 定価1,760円(本体1,600円+税10%)
  • 北海道の失われた鉄路が懐かしい写真で甦る!室蘭・日高・根室本線沿線編。開発と殖民が主目的で建設された北海道の鉄道。昭和30年代初頭までは石炭産地らしく蒸気機関車が牽く客車列車をはじめ鉄道輸送が充実していました。しかし、昭和50年代になると、並走する道路整備で利用客の減少が目立ち、国鉄再構築の一環として旅客輸送密度の低い路線が廃止の対象となりました。北海道のローカル線がまだ生き生きとしていた時代を懐かしい写真で振り返ります。胆振線、富内線、万字線、夕張線、士幌線、広尾線、池北線、白糠線を大判の写真中心にオールカラーで収録。
  • e-honで購入する
[ 161件中 1〜10件目を表示 ]